地震や津波、台風などの自然災害で自動車が被害にあったとき、自動車保険は補償されるのか考えてみましょう。

あなたの自動車保険は自然災害でも補償されるタイプですか?

自然災害で自動車保険はどこまで補償されるのか?

b48d57bbaf6b2c5459ea576f5353d431_s

自然災害に自動車が巻き込まれたとき、どこまで補償されるのか、各項目に分けて見ていきましょう。

地震や津波、噴火に自動車が巻き込まれて故障してしまったら?

自動車が故障してしまったら、通常なら車両保険から保険金が支払われるのですが、地震や津波、地震が原因の噴火に巻き込まれてしまったら、車両保険の支払いの対象外です。

これは、大規模な地震やそれにともなう津波や噴火は被害が甚大になる可能性が非常に高く、損害保険会社だけでは保険金の支払いの許容範囲を超えてしまい、支払い自体ができなくなる可能性があるからです。

ただし、「地震・噴火・津波車両全損時一時金特約(保険会社により名称が異なります)」を付加することで、地震や噴火、津波などで自動車が全損したときに、保険料は年間5,000円で上限50万円まで保険金を受け取ることができます。車両価格が50万円未満の場合、車両保険金額と同額となります。

地震や津波、噴火に巻き込まれて起こした交通事故は?

地震や津波、噴火は事前に予測することは困難です。

自動車を運転中に地震が起きたり、津波や噴火から逃げるために自動車で移動することもあるかもしれません。

しかし、その際に起こした事故に関しては自動車保険は使えないと言うことを覚えておきましょう。実際には、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償保険、搭乗者傷害補償保険が補償の対象外となります。

具体的に、どのようなケースが当てはまるのか見てみましょう。

  • 運転中にハンドル操作を誤り、歩行者をはねてしまった
  • 運転中にハンドル操作を誤り、民家に突っ込んでしまった
  • 運転中にハンドル操作を誤り、対向車と衝突してしまった
  • 運転中に津波に巻き込まれ、運転者である自分と同乗者がケガをしてしまった
  • 運転中に噴火で飛んできた噴石で、運転者である自分と同乗者がケガをしてしまった

これらは、地震自体や地震による津波や噴火が原因の交通事故のイメージです。

地震や津波、噴火から逃げる場合にはなるべく自動車は使わず、使う場合には十分に気をつけて「自動車保険は補償されない」と言うことを覚えておきましょう。

地震や津波、噴火以外の災害の場合、補償されるのか?

台風や洪水、ゲリラ豪雨や竜巻、高潮などの自然災害は補償されるのでしょうか?

結論から言うと、

車両保険 ➡ 補償されます

賠償責任保険 ➡ 補償されません

と言うことになります。

車両保険には補償範囲の広い「一般条件」と、補償範囲が狭く保険料も安い「エコノミータイプ」とがあり、どちらで契約をしても地震・津波・噴火以外の自然災害での故障などは補償対象となっています。

ただし、対物賠償・対人賠償などの賠償責任保険は補償の対象外です。

ですから、台風やゲリラ豪雨など、最近では起こりやすい自然災害に出くわした際には、自動車の運転には十分に気をつける必要があります。

自動車保険の補償内容の確認は更新時だけじゃなく自然災害も考えておくことが大切です

fa721e2581864a7b151c825412f00e87_s

自動車保険の補償内容を一番最初に加入したときからずっと同じままで更新している人はいませんか?

自動車保険の更新時期に「昨年と同じで」と言う一言だけで済ませている人はいませんか?

「昨年と同じで」と言うことはすごく簡単なことですが、これまで述べたように自然災害にどう自動車保険を対応させるかを考えることを怠ると、手痛いしっぺ返しを食らう可能性もあることを認識しておく必要があります。

自動車保険の補償の確認・見直しは自分だけでもできる

自動車保険の補償内容を確認したり、見直しをしたりすることは難しいと思っている人も多いかと思います。

もちろん、細部まで言葉ひとつ、全てを理解しようと思ったら難しかもしれません。ただ、だからと言って全てを保険会社の担当に任せっきりだと、こう言った自然災害を想定していないプランをそのままにしているなんてことにもなりかねません。

そうならないように、基本的な保険用語や補償内容くらいは知っておく必要があります。

 参考:自動車保険ゼミ『自動車保険に使われる基本的な専門用語の意味を解説します。

基本的な保険用語や補償内容のイメージができたら、次に加入している自動車保険の補償内容を確認します。

  • 対人、対物賠償の補償や免責の確認
  • 人身傷害、搭乗者傷害の補償金額などの確認
  • 車両保険の補償内容の確認
  • 地震・噴火・津波車両全損時一時金特約の有無
  • 運転者範囲と年齢条件
  • 保険期間など

補償内容を確認すると、もしかしたら色々な疑問が出てくるかもしれません。

「保険期間は1年でいいの?」

「車両保険の内容はこれでいいの?」

「運転者範囲や年齢は大丈夫?」

「そもそも、この保険会社でいいの?」

「やっぱり地震や津波に備えたほうがいいのかな?」

自動車保険の補償内容は、家族の年齢や使用方法、住んでいる地域(地震や噴火が起こる地域か、海の近くか)などにより違ってきます。

そして、同じような補償内容でも保険会社によって保険料にも差が出てきます。

あなたが今まで掛けてきた自動車保険と比べて、補償内容や保険料で優位な保険会社が出てくる可能性は大いにあります。そして、その確認はネットで見積もりを取れば簡単に出来ます。

最低でも3社以上で見積もりを取り、比較検討してみてください。「保険会社によってこんなに違うのか?」と驚くことになるかもしれません。それくらい、今は補償内容や保険料に「差」が出るんです。

もし、自分で判断がつかない、自信がないとしても諦める必要はありません。

複数の保険会社で見積もりを取ったら、車検証と一緒にFP(ファイナンシャルプランナー)に相談をすればいいのです。

FPはお金のこと全般の知識が豊富ですので、もちろん自動車保険についても知識はあります。もし自分だけでは判断ができなかったとしても、FPに相談をすれば問題はありません。

もっと言えば、FPに相談するほうが一番の近道かもしれません。自然災害の不安は自動車保険だけでなく火災保険の補償内容にも通ずるところがりますので、火災保険や生命保険も一緒に相談をすればより安心です。

<参考記事>

今ではFPもインターネットで相談予約ができますから、携帯やスマートフォンがあれば簡単に相談することが可能です。

「後でいいや」と思ったら最後、いつ自然災害が起こるかは誰も予測はできません。しっかりと今のうちにできる準備を終わらせておきましょう。